読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華捜査官

Made in China専門レビュー

スマホやipadタブレット電気量管理方法

中華捜査官です。私は外で突然にスマホが電気がなくなって自動的に消えたことがあります。その時に社内やお客様から電話が入ったら大変困ります。このようなことを起こらないように電気量管理方法を立つのは大切だと思います。

スマホタブレットはさまざまな機能を備えているため、初期設定のままで使用していると、通信機能が常時動作していたり、アプリやプログラムなどがバックグラウンドで動作し、無駄な電力が消費されていることがあります。
タブレットの使用状況に応じて、画面設定や通信設定などを変更することで、消費電力を抑えることができます。

 

sumahosetuyaku.hatenablog.com

また、以下のページにも消費電力を抑える方法も紹介しました。

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 015289

 

その以外には、私はいささかに追加致しました。以下の方法は自分の経験を基づいて纏めます。

 

 方法1 

外へ出かける際に、手元のスマホ電気量は50%以上をまず確認するほうがいい。その一方、私はフルパワーモバイルバッテリーを用意します。鞄に入って電気がなくなった次第に早ちに充電することもできます。これは簡単で有効な方法ですけど、外に出かける際には、モバイルバッテリーを持つのがよく忘れてしまいました。

 

 方法2

2日間の出張する場合には、二台のスマホを用意することもOKです。電気がなくなったでも予備のスマホとしては緊急連絡を行うことが出来ます。

 

 方法3

私はよく使わないソフトウェアをアンインストールします。開かないても勝手にアップロードするのは大変困ります。また、電気がすごく消費してしまいました。

 

 方法4

 電気量は20%以下には、すぐに省エネルギー状態に切り替わります。そして、手持ちのモバイルバッテリーでスマホへ充電します。なぜ残る20%電気量に充電し始めるかというと、私がテストをちょっと行ってみましたが、電気が完全になくなった時に充電すれば、充電スピードが遅くなった結果でした。簡単な例を挙げたら、電気量0%から充電し始めると、30%までおよそ25分を掛かりました。しかし、電気量20%から充電し始めると、50%までおよそ15分しか掛からなかったです。増加量は同じ30%の結果に見ると、0%からより20%からのほうが早い結果となりました。

f:id:winskybobo:20160907223209j:plain

 

方法5

地下鉄を乗っている時には、つまらないですが、3Dタイプのゲームをやらないほうがいいと思います。100%電気量にしてもやったら3時間にすぐ切れました。その時は電話が入ったら出られないなら困りますよね。